会社概要

先進の生産工程に、人のぬくもりを植えつける。

1979年の創業以来、「人間尊重」を理念に、内視鏡医療関連機器の開発・生産拠点として着実な発展を遂げています。

白河オリンパスについて

白河オリンパスは内視鏡医療関連機器の開発・生産拠点として着実な発展を遂げ、特に内視鏡医療分野は日進月歩の発展を続けるとともに様々な方向に拡大を続けています。

人にやさしい医療の実現を願い、世界市場のトップを走り続けるオリンパスの医療用内視鏡。私たちは主に内視鏡診断に関わる画像処理装置、光源装置などの医療用内視鏡システムの開発・製造を推進しています。内視鏡の技術開発にあたっては、実際に使用するドクターやナースの声を製品に反映させ、より使い易い高性能の製品を目指して、開発と製造が一体化した「コンカレントエンジニアリング」を展開しています。私たちはこれからも、高品質の内視鏡製品の開発から製造まで、すべてのプロセスを通じて、常に新しい価値を創造し、医学の発展と進歩に貢献していきたいと考えています。

また、一方では、社員一人ひとりが仕事を通じて自己実現を図り、心身共に豊かで健康的な生活を送れることを大切にしています。こうした“人間尊重”の理念は、工場内のみならず、周辺環境への十分な配慮にもつながります。私たちは、地域と共生する優良企業として、先駆的なプラントでありたいと願っています。

会社概要

会社名 白河オリンパス株式会社
所在地 〒961-8061 福島県西白河郡西郷村大字小田倉字狼山3-1
地図 新規タブで開きます
設立 1978年11月30日
創業開始 1979年4月1日
事業内容 オリンパス(株)の担当工場として、医療用の内視鏡システムの開発から製造までを行う。
株主 オリンパス株式会社
オリンパスホームページへ 新規タブで開きます
資本金 8,000万円(オリンパス株式会社100%出資)
代表者 代表取締役 社長 村上 不二男
国際規格認証 ISO14001認証、ISO13485認証 等
個人情報の取扱い オリンパスグループ個人情報保護方針へ 新規タブで開きます
本社 オリンパス株式会社
オリンパスホームページへ 新規タブで開きます
関連会社 オリンパスグループ一覧へ 新規タブで開きます

地域紹介

福島県の南部に位置する西郷村は、東北本線、東北新幹線、東北自動車道などを隔てて白河市と隣接しています。 首都圏からのアクセスも近く、東京から新幹線で1時間10分の距離。
また那須山系を控え、清涼な空気に恵まれ、車で30分の範囲に29箇所のゴルフ場、50分の範囲に4箇所のスキー場、数多くの温泉やハイキングにぴったりの甲子高原など、リゾート気分が満喫できます。

白河市に関する情報

関連リンク